事故車

  • 事故車だから……
  • もう動かない車だから……
  • 10年以上乗った車だから……
  • 10万キロ以上走った車だから……

だから査定がつくなんてあきらめている・・・。

もしかしたらあなたはそんなふうに考えていませんか?

たしかに一昔前にはこうした車は査定額ゼロ円、それどころか、逆にこちらが廃車手数料を支払って廃車にしてもらっていたというようなこともありました。

だから事故車には査定がつかないと思っている方がいても不思議ではありません。

もちろん、普通車に比べて査定額が大きく下がるのは避けられません。
でも現在は、こうした事故車等でも十分査定がつく可能性があるんです。

そもそも日本車は、その性能の良さ、燃費の良さなどから海外では非常に人気が高い車です。

海外で古い年式の日本車が通りを埋め尽くして走っているというような光景を、あなたもニュースなどで見たことがあるのではないでしょうか?

事故車であっても修理して市場に出せば、日本車に対する需要が高い海外では十分に売れるんです。

そして中古車買取専門店には、そのような海外に向けて車を販売する販売ルートがちゃんとあるんですよね。

だから事故車であっても中古車買取専門店で査定をしてもらえば、いくらかの査定額がつく可能性があるということなんです。

もちろんこれは、不動車であっても、10年以上乗った車であっても、10万キロ以上走った車であっても同じこと。

10年以上乗った車なんていうのも、日本では車検が1年ごとになるから敬遠されているだけの話で、そもそも車検制度のない国では関係ありません。

高品質・高性能の日本車は20年や30年乗る人だってざらにいます。

10万キロ以上の多走行車でも同じこと。
20万キロだって30万キロだって、日本車は問題なく走ります。

そして、海外の人はそれを十分理解しているから、日本車に対する需要があるんです。

その需要があることを分かっているから、中古車買取専門店は事故車や多走行車でも査定額をつけて買い取るんですね。

それからもうひとつ。
もう廃車にするしかないというような車。

これもあきらめることはありません。

程度にもよりますが、もし整備することで動く車なら、海外で売ることができるし、もう本当に廃車にするしかない車であっても、分解して使えるパーツだけをバラ売りすることができるからです。

たとえ雀の涙ほどの額であっても、査定がつく可能性はありますよ。
事故車や不動車、多走行車であっても、あきらめずに査定に出してくださいね。

以上、車八十吉がお送りした「高額査定テクニックその④~事故車でもOK!」でした。